「麻雀講座 」カテゴリ記事一覧


第1回 麻雀牌について

はい、どうも。
 
麻雀はじめました!
 
・・・始めたっていうのは講座のことです。
もっとも私も雀荘店員だったりプロだったりする訳ではありませんが
身内で麻雀したりする際にてっとり早く覚えられるように、という事で
ここでちらちらっと解説してみる事にしました。
 
 
ということで、前置きはこれくらいで始まりまーす。
 


第1回 麻雀牌について

 
はい、まず麻雀に使う「牌」からお勉強を始めます。
 
親切に日本語で書いている牌というものは存在しないので
ここで確実に覚えておきましょう。簡単なので。
 
 
一萬九萬一筒九筒一索九索東南西北白發中 裏
 
麻雀に興味があるという事は、こんな感じの物体は既にご存じかと思います。
これを 「牌」(はい) と呼びます。
牌にはこんな感じの種類があります。
 
 
[萬子] (まんず)
一萬二萬三萬四萬伍萬六萬七萬八萬九萬 赤伍萬
 
[筒子] (ぴんず)
一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒 赤五筒
 
[索子] (そうず、そーず)
一索二索三索四索五索六索七索八索九索 赤五索
 
[風牌] (かぜはい、かざはい)
東南西北
 
[三元牌] (さんげんはい、さんげんぱい)
白發中
 
 
上の三種類は見た目通り、1~9の数字を意味しています。
一番右に一つ浮いてる赤い牌は「赤ドラ」または「赤5」と呼ばれ
点数計算においてちょっと特別な意味を持っていますが
数字としては普通の牌と同じ「5」として扱います。オールマイティとかではないので注意。
 
 
 
一般的に、麻雀では数字の事を以下のように読みます。
左から順番に1 2 3 ... 9です。
[いー、りゃん、さん、すー、うー、ろー、ちー、ぱー、ちゅう(きゅう)]
そして、その後に種類を表す文字をくっつけるのです。
例えば萬子の1(一萬)は「いーわん」と読みます。以下、サンプルです。

一萬 いーわん
二筒 りゃんぴん
三索 さんそう (さんそー、さんぞう、さんぞー)
 
 
 
残る特殊な牌は、以下のように呼びます。
 
東 とん
南 なん
西 しゃー
北 ぺー
白 はく
發 はつ
中 ちゅん
 
白いものは決して印刷ミスではありません。オールマイティでもないです。
ネタとしてはウケるかもしれません。(
これらの牌は、先程のような数字は持ちません。
まとめて「字牌」(じはい) と呼ぶこともあります。
 
 
ちなみに、場と同じ方角の風牌のことを「場風」(ばかぜ)
自分と同じ方角の風牌のことを「自風」(じかぜ) と呼びます。
どちらでもない風牌のことを「オタ風」(おたかぜ) と呼びます。
キレッキレの腕回しダンスを踊ったりはしません。(
かっこよい正式名称は「客風牌」(こーふぉんぱい)ですが、大抵オタ風と言います。
場風と自風はそれぞれ1役扱いとなり、オタ風は役になりません。
 
 
 
そして、これも大事なことなので覚えましょう。
 
冒頭にありました
一萬九萬一筒九筒一索九索東南西北白發中 裏
これなのですが、ちょっと麻雀に興味を持っている方、特にアニメや漫画で
ちょっとかじっている方はお気づきかもしれません。
 
これは、「国士無双」(こくしむそう) という一種の最強役の完成一歩手前です。
裏を向いてる牌が左の牌のどれかであれば完成です。
 
で、これらの牌のことを「幺九牌」(やおちゅうはい) と呼びます。
幺が変換しづらいので、カタカナで「ヤオ九牌」と書くこともあります。
先ほどの国士無双をはじめ、一部の高得点役を作る上で重要になりますので
呼び名と種類は覚えておいたほうが良いです。
 
 
 
牌の呼び方を覚えるだけでも、麻雀の実況動画などを楽しく見られるようになります。
まずは「○○」と言われて牌の絵が頭に浮かぶように覚えてしまいましょう。
 
 
それではまたー。